授乳中 食事

MENU
カフェインを控えたいけど一体何を飲めばいいの?
授乳中のママでも安心して飲めるノンカフェインのタンポポ茶
公式サイトは以下の画像をクリック


授乳中に食べていいものって何?

授乳中に食べられるもの

授乳中は本当にお腹が減りますよね。

 

数時間おきに泣いてお乳を欲しがる赤ちゃんを抱っこしながらパンを食べたり、台所で立ちながらおかずをつまんで朝ごはん終了!なんてことも……。

 

「なるべく気をつけてはいるけど、授乳中に食べていいものが知りたい!」
「忙しくて食べ物をゆっくり選ぶ暇がない!授乳中に食べていいものを手っ取り早く教えて!」

 

というお母さん方の為に、今回は授乳中に食べていいもの一覧を作成しました。よかったら参考にしてみてくださいね。

 

 

授乳中におすすめのごはんリスト

里芋と鶏肉の煮物

里芋に含まれるビタミンと、鶏肉の良質なたんぱく質が母乳によい栄養を運びます。

 

蒸しササミの胡麻ドレッシング和え

ササミはたんぱくで食べやすく、また火が通りやすいので調理が楽です。胡麻で足りない栄養を補ったり、ササミと一緒に蒸しキャベツを入れたり、少しレモン汁をかけるのもビタミン・食物繊維ともにたくさん摂れます。

 

五穀米

通常の白米では炭水化物が過剰になってしまうため、五穀米で腸内を活性化させると母乳の出がよくなるといったこともあります。また噛みごたえがあるので満腹感も出やすいのが嬉しいですね。

 

さつまいものレモン煮

さつまいもとレモンの組み合わせで授乳中に荒れてしまいがちなお肌を修復する効果が期待できます。またさつまいも・レモンのどちらにもビタミンが豊富なので、母乳をあげていると不足しがちな栄養素を安定して摂ることができます。

 

鳥レバーのネギ炒め

レバーには鉄分が豊富に入っているので、授乳中の貧血を防ぐ効果が期待できます。レバーがどうしてもダメ!という方はブロッコリーでも代用可。

 

 

このように、授乳中に食べていいものは予想以上に沢山あるのが事実。

 

1種類のおかずを作るのも大変なこの時期ですが、もしどうしても難しい場合は、根菜たっぷりのお味噌汁を作ると効率よく母乳に栄養を送ることができますよ。